2007年01月27日

2007年1月27日(第380回)放送内容

なんと、K塾やYゼミナールもびっくりの、先週番組で出したセンター試験過去問題に関連した類似問題が今年のセンター試験地学IBに出ました(笑)。
aw768_20070127.jpgということで、その先週にあったセンター試験の地学IBの中から、宇宙に関連する問題をまた出題しました。

【今年のセンター試験より】
1:以下の空欄を埋めよ
太陽のエネルギー源は中心部で水素からヘリウムが生じる□□A□□反応であることが知られている。この反応によって、太陽は誕生してから終末までの約□□B□□億年という長い期間にわたって、エネルギーの放射を続けることができる。
以下から選んでください
□□A□□ 核融合・核分裂
□□B□□ 50・100

答えは下をチェック(地学IB第5問A問1)

これ、先週出した2問目の中に入っていた部分が「A」の部分でして。たった2問した中でよく似た問題が出たなと我ながら鳥肌が立ちました。たらーっ(汗)


【アストロナビ】
今年は去年以上の黄砂になりそうだそうです・・・。去年、僕は黄砂の影響で(多分)声が出なくなったので、困ります。。。
月:半月が出ている頃。今度の金曜日には満月に。
惑星:土星がしし座に出ています。セントレア方向の上辺りに。
その他:冬の星座と春の星座が混在しています。


【Weeklyアストロニュース】
アストロニュースルームのりんさんにお届けいただきました。
●有人宇宙飛行計画の前段階、インド宇宙カプセル回収に初成功
●初の日本国産ロケットH2を筑波で野外展示へ
●中国の衛星破壊実験による宇宙ステーション衝突回避操作は不要


元国立天文台助教授で、日本スペースガード協会理事長・磯部しゅう三氏が、12月31日に他界され、ご本人が書かれた遺書が死亡広告として、20日の朝日新聞朝刊に掲載されました。こういった死亡広告が出ることは珍しく、一部報道にもなっていたこともあり、当番組でも取り上げました。
ラジオ上でその遺書をご紹介するのはタブーに近いものがあるとは思っておりますが、全国紙に掲載されたこと(広く周知したいという意志)、そして天文の中では磯部先生の存在が大きかったこともあり、その遺書を全文(一部、ご遺族の名前は言いませんでしたが)お届けしました。
会議や講座でお見かけするととてもインパクトの強いお方でした。それだけに、いろいろなことがあったかと思いますし少し耳にしました。
しかし、いろんな著書なども含め、天文に大きな功績を残されました。突然の訃報で驚きましたが、ご冥福をお祈りいたします。
神を信じていらっしゃらない先生にとっては「冥福」というのも嫌いかもしれませんが、宇宙とともに有意義な日々を送っていきたいと思っております。


曲:いざよい(アクアマリン)など

次回は、収録でお届けする予定です。続きを読む
posted by みずたに at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2007年01月20日

2007年1月20日(第379回)放送内容

センター試験真っ最中なので、過去のセンター試験の地学の中の宇宙の問題を出題してみました。
本当は、4問くらい考えていましたが、2問になってしまってゴメンナサイ!!

【センター試験過去問より】
1:以下の空欄を埋めよ
太陽系空間にある無数の固体微粒子のうち、大きさが1mm以下の粒子は、おもに□□A□□から放出されたものである。これらの微粒子も、惑星と同様、太陽の引力のもとで運動しているので、地球軌道付近での運動の速さは、太陽の引力を振り切り、太陽系から脱出できる速さ42km/sを超えることはない。したがって、公転軌道上を速さ30km/sで動く地球に飛び込んでくる微粒子の相対的な速さは、□□B□□km/s以下である。これらの微粒子の一部は、地球大気に突入して、流星となる。
□□A□□ 太陽・月・惑星・衛星・彗星
□□B□□ 12・30・42・72・114


2:以下の空欄を埋めよ
宇宙に存在する元素のうち、□□C□□は重量比で7〜8割を占め、ヘリウムが2〜3割であり、その他の元素はごく微量である。宇宙はその初期においては高温度・高密度であり、□□C□□とヘリウムの大部分がこのときにつくられた。一方、他のほとんどの元素は恒星の内部で核融合反応でつくられる。重い恒星では、核融合反応が次々と進み、最終的には□□D□□の芯が中心部にできる。□□D□□はこれ以上核エネルギーを放出できず、この芯は自らの重力によって収縮していく。やがて超新星爆発が起こると、恒星の内部でできたさまざまな元素が星間ガスに加えられる。太陽系は、こうしてできたいろいろな元素を含む星間雲から生まれた。
□□C□□ 水素・炭素・酸素・鉄・ウラン
□□D□□ 水素・炭素・酸素・鉄・ウラン

答えは下をチェック


【アストロナビ】
月:新月をこえ、三日月が出ている頃。
惑星:土星がしし座に出ています。
その他:マックノート彗星が南半球でしか見られないが、マイナス等級で40年ぶりの大彗星に。白昼でも見られるかも。


【Weeklyアストロニュース】
●<宇宙ステーション>実験棟「きぼう」、期日の遅れ示唆
●「きぼう」管制責任者を任命
●<観測ロケット>打ち上げ、データ収集に成功
●「ルナーA」の開発中止=月面観測装置、ロシア機に搭載も
●<中国>衛星兵器実験に成功 米が懸念表明


自宅より収録にてお届けいたしました。続きを読む
posted by みずたに at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2007年01月13日

2007年1月13日(第378回)放送内容

今週頭にちょっと東京に行ってきました。
そこで、ギネスにも載っている世界で一番星を映し出すプラネタリウム「メガスター」を見てきました。
お台場の日本科学未来館(毛利衛館長)に常設されていますが、大人気で、昼から行ったらもう夕方まで売り切れ。
IMG_5094.JPG翌日、現在、日本橋で公開中の「日本橋HD DVDプラネタリウム」でメガスターを見てきましたよ!やっぱすごかったです・・・。これは6月末まで期間限定です。これ、三越前というところにあるんですが、知らず、東京駅からかなり歩きました。地下鉄で2駅あったらしい・・・。


【アストロナビ】
月:下弦の月をこえ、もうすぐ新月(見えなくなる)。
惑星:土星がしし座に出ています。
その他:マックノート彗星が太陽に大接近しまぶしい。SOHOの人工衛星映像に現在出ています。


【Weeklyアストロニュース】
●ルナーA計画見直し 装置開発の大幅遅れで
●有人宇宙施設「きぼう」のアーム、NASAに搬送へ
●<NASA>火星無人探査機計画に2候補
●<宇宙>「暗黒物質」分布図作製に成功 日米欧の共同チーム
●毛利さんら南極の昭和基地到着=開設50周年イベント
posted by みずたに at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年10月15日

2000年10月15日(第59回) 

やっと10月12日、若田さん、宇宙へ!

すでにZ1トラス成功、いろいろ壊れ中。

四日市で、もう、シャトルは見えません。
ここで確認


国際大宇宙フォーラムMIE2000は11月11〜12日


木星と土星と月が近づく。

オリオン座流星群は20〜21日。ハレー彗星の残骸。

:始まって以来のNonMusic...
posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年10月08日

2000年10月8日(第58回) ジャコビニの流星

まだ打ちあがってない、若田さん、のびのび中!


国際大宇宙フォーラムMIE2000は11月11〜12日

今宵、ジャコビニの流星の下で、雲の中。
posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年10月01日

2000年10月1日(第57回) 放送内容

若田宇宙飛行士は日本時間10月6日朝打ち上げへ!


国際大宇宙フォーラムMIE2000は11月11〜12日

ジャコビニ流星群は、今度の日曜の夜です。

ウィークリーアストロニュース
H2Aロケットの1号機は、何も積まずに打ち上げ

世界で二人目の宇宙飛行士ゲルマン・チトフさん死去

通信衛星N-SAT-110を打ち上げ。BSデジタル衛星。

太陽にやられたX線天文衛星「あすか」は復旧断念。

火星探査機の名前は「2001年火星の旅」・・・NASA

毛利さんが「日本科学未来館」館長に。しばらくNASDAを離れる。

:ミッシェルガンエレファント「Stardust Blue」、
Fly Me To The Moon(映画サントラより)
posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年09月24日

2000年9月24日(第56回) 放送内容

地球外知的生命はいるのか!?地球からの電波が今アルタイルに。

自宅で地球外知的生命を探そう、

SETI@home


アストラム:『宇宙人はいるか?』―地球人は宇宙人の一部です。

ウィークリーアストロニュース
スペースシャトル『アトランティス号』無事帰還。

宇宙科学研究所、MT−135で鹿児島上空のオゾン破壊を観測。

太陽に肉眼黒点。大型フレアも。
太陽ライブ

冥王星探査がまた延期へ…NASA


米テレビ局勝ち抜き番組
でロシア宇宙ステーション「ミール」へ。

:うたいびとはね「小さい星の小さい旅人」、ポルノグラフィティ「アポロ」

posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年09月17日

2000年9月17日(第55回) 放送内容

シドニー五輪開幕!オーストラリアで見た南の星、南十字星等を見よう!

秋田にある日本初ロケット打ち上げ場所の話。昭和30年8月6日。

厚生中学校(三重県伊勢市)が
アクアマリン「COSMOS」
で9/24中部大会へ。

今日の星座:わし座。またこれもゼウスが化けた姿といわれている。

ウィークリーアストロニュース
彗星探査機の「スターダスト」のカメラレンズにくもりが。

X線天文衛星を使い中規模のブラックホールを発見。

若田光一さん、9月12日にケネディー宇宙センター入り。


熱帯降雨観測衛星のデータ
をすぐに無料公開へ。

飛行中のシャトル「アトランティス号」が1日延長へ

:MyLittleLover「STAR DUST」、「FlyMeToTheMoon」

posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年09月10日

2000年9月10日(第54回) 9月12日は、中秋の名月!

9月12日は、中秋の名月!だから、つきに関する話題をお届け!

月はずっと同じ面を見せてます。自転と公転がぴったり同じだからです。

望遠鏡で見るなら、満月より欠けた月。欠け際を見るとクレーターの陰が綺麗

初めて月に行ってから31年。最後に月に行ってから29年。その人が四日市に。

今日の星座:こと座。形が綺麗なオルペウスのたてごと。

ウィークリーアストロニュース
シャトル「アトランティス号」、9月8日打ち上げ成功。―NASA

若田光一さんの「ディスカバリー号」はまた延期?予定は10月5日

中国の長征ロケット62回目の成功。天体観測用?衛星打ち上げ。

カナダに落ちた隕石が特殊だった。太陽系外から来た!?

:杏里「夏の月」・鬼束ちひろ「月光」・宇徳敬子「満ち潮の満月」

posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年09月03日

2000年9月3日(第53回) 宇宙月間突入

9月は宇宙月間。だから宇宙開発に関する特集やニュースを。

9月9日
NASDA5箇所特別公開
星に願いを
でロケットにメッセージ

ウィークリー宇宙開発ニュース
若田宇宙飛行士、予定通り10月5日打ち上げへ

国際宇宙ステーションの組み立て完了予定は2006年4月に

2度目の気象・運輸衛星はH2Aロケットが無理ならフランスのアリアン5ロケットで

今日の星座:はくちょう座。またゼウスが化けた姿。

アストラム:『電波望遠鏡のこれから』。大きいの一つより、小さいのをたくさんのほうがいい。

ウィークリーアストロニュース
直径110mの動く電波望遠鏡完成、可動式で世界最大。―アメリカ

富山の青木さん、超新星を18日間で再び見つけた

:GLAY「Good Bye Bye Sunday」・Cocco「星に願いを」・Chara「月と甘い涙」
posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年08月27日

2000年8月27日(第52回) 夏休みの宿題スペシャル

夏休みの自由研究のお手伝い!「星を観る」をテーマに、光・電波・その他をお届け。

光:等級の違いって?。電波:長野・野辺山で、インタビュー。X線・赤外線・宇宙線・ニュートリノ...etc

ウィークリーアストロニュース
H2Aロケットエンジン破損原因判明&地上試験機の燃焼試験正常終了

若田さんのシャトル打ち上げが遅れる?&向井さんは地上の副責任者

科学技術庁と文部省の宇宙関連3機関連携へ

天王星の新衛星の名前決定、いつのまにか21個の衛星を持つ惑星に。

木星の衛星「エウロパ」に水の海がある?

新天文雑誌が、11月に創刊へ。

:DreamsComeTrue「銀河の船」・カズン「Sing」・チェッカーズ「星屑のステージ」





 8月20日:四日市花火大会のためお休み。 

posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年08月13日

2000年8月13日(第51回) 番組独自きらら号観望会!

移動天文車「きらら号」を使った天体観望会in市民公園。でも曇天。

市立博物館特別展「はるかなる星空の世界」、9月10日まで

ペルセウス座流星群の当日。

ウィークリーアストロニュース
リニア彗星爆発消失の続報

さそり座δ星増光の続報

エリダヌス座イプシロン星に木星サイズの惑星

日本版スペースシャトルHOPE−Xが計画凍結

国際宇宙ステーション関係(ロシアがやっと&日本は遅れ)

火星探査、着々と。

宇宙人探しに、資金提供。やっぱりマイクロソフトだった。

天文雑誌『スカイウォッチャー』、休刊

:wyolica「red song」、DoAsInfinity、MONDO GLOSSO






 8月6日:メッセージウェイブ拡大版(大四日市祭り)のためお休み。 

posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年07月30日

2000年7月30日(第50回) 三重県民の森での公開録音

三重県民の森での公開録音(7月29日)、8月12〜3日のペルセウス座流星群を見よう!

さそり座δ星の急な増光。 アストロアーツのページへ

リニア彗星が再接近!でも28日頃に爆発して消滅へ…

ウィークリーアストロニュース
X線天文衛星「あすか」が太陽の影響で使用不能に、、、

木星に17個目の衛星(月)が見つかった!!

ロシアの打ち上げた国際宇宙ステーションの一部「ズベズダ」ドッキング成功!

BSデジタル衛星が遅れる?その衛星を載せる前のアリアンロケット打ち上げ延期

:中島みゆき「地上の星」・鈴木朋「あのね、ごめんね」

posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年07月23日

2000年7月23日(第49回) スーパーカミオカンデからも!

岐阜県神岡町GSA2000レポート、ニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」も。

人生最長の皆既月食が終了!全国どうだった?

リニア彗星が7月25日頃、一番明るくなります!でも目では無理…。

ウィークリーアストロニュース
7月21日のNASDA燃焼試験を延期

太陽での巨大フレアがまた続出!

やっぱりニュートリノには質量があった!
posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年07月16日

2000年7月16日(第48回) 皆既月食2時間スペシャル

皆既月食説明用専用ページへ…

四日市市松原町の石取祭の音からスタート!!

通常の枠を拡大して20〜22時まで皆既月食になる月をたっぷり!

全国の天文施設より皆既月食の状況が電話で!

さじアストロパーク(鳥取)、国立天文台渡部潤一先生(東京)、
那賀川町科学センター(徳島県)、陸別町銀河の森天文台(北海道)、川越高校自然科学部(三重県)

ウィークリーアストロニュース
国際宇宙ステーションのロシアが担当の居住区ズベズダの打ち上げ成功!

太陽での巨大フレアが!今までの最大級で北海道でもまたオーロラ?

偶然に地球に接近する小惑星が発見された!!

大型飛行機からそのまま人工衛星を打ち上げる!

:月をテーマに曲をお届けしました。
posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容

2000年07月09日

2000年7月9日(第47回) 近鉄百貨店公開録音

あの中部近鉄百貨店四日市店地下1階の文具売り場にて公開録音!

宇宙フェアにある天体望遠鏡はどのような人に合っているの?

皆既月食が起こる!なんで起こるのかを説明

天文クイズ!ピンクの熊のビーチボールを太陽とすると地球は!?
posted by みずたに at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容