2010年12月17日

はやぶさスペシャルに、渡部潤一先生登場!

 12月22日から四日市で公開される、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還カプセル。

 それを受けて、12月は、全放送日を「はやぶさスペシャル」としてお届けしているラジオ番組「ASTRO-Wave768」ですが、12月18日(土)放送には、なんと、あの、国立天文台天文情報公開センター長の渡部潤一教授が出演されます!

渡部潤一教授 「はやぶさ」が着陸した、小惑星「イトカワ」について、専門の渡部先生にお話を聞くとともに、なんとオーストラリアでの「はやぶさ」の最期に立ち会った時のお話もお聞きする予定です。また、小惑星を調べてどうなるのか?その意味は?というちょっと突っ込んだことまで聞いていこうと思っています。

 2006年に、冥王星が惑星から準惑星に格下げされたときの国際天文学連合の「惑星の定義委員会」の日本人唯一の委員でもいらっしゃいましたので、小惑星の定義についてももちろんお伺いする予定です。お楽しみに!!


 天文の番組なら、普通、大々的に行なう12月21日の「皆既月食」については、番組の最後に解説いたしますが、時間がほとんどないことになると思いますので、これについては、国立天文台のページで詳細をご覧ください。キャンペーンも行なっています


 四日市でのはやぶさ公開については、こちら。なんと、あのJAXA的川名誉教授の「宇宙塾特別編」も12月23日に開催されることが急遽決まりましたよ!!
posted by みずたに at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送内容
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42122772
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック